サポートセンター(24h365日無休) 03-5304-8161

料金計算方法

HyperCloudの料金プラン、サーバー、オプションの課金のタイミングなどについてご説明いたします。

料金プラン

料金プラン種別

料金プランは下記の2つとなります。

  • (a) 月次課金
  • (b) 従量課金
  月次 従量
サーバー 課金の最低単位 1ヶ月
(1ヶ月未満は切り上げ)
1時間
(1時間未満は切り上げ)
請求単位 1ヶ月分(月末締め) 1ヶ月分(月末締め)
ネットワーク 課金の最低単位 --- データ転送量 1GB
IN/OUTの合計
1GB未満切り上げ
請求単位 --- 1ヶ月分(月末締め)

課金開始のタイミング

サーバー 月次課金 初めて起動した時点から課金発生
従量課金
  • 起動時の課金はサーバーが起動し始めた時点から発生
  • 停止時の課金はサーバーの停止が完了した時点から発生
ネットワーク サーバーからグローバルネットワークへのネットワーク通信において、データ転送量が0より大きくなった時点で課金が発生します。 データ転送量は、vCenterで計測した値にて課金いたします。
注意事項
  • お客様操作により作成されたサーバーで発生した課金について、キャンセルは受け付けておりません。

追加リソース

料金プランを変更した場合、翌月より変更したプランが適用されます。 なお、当月内に複数回変更をおこなった場合は、最後に変更した料金プランが適用されます。

  課金単位 課金単位
HDD[ネットワークストレージ] 10GB 月次課金
仮想ネットワーク アダプタ 1個 月次課金
メモリ 1GB未満 : 0.5GB
1GB以上 : 1GB
月次課金/従量課金
※サーバーの課金方法に準じます。

課金開始のタイミング

リソースが追加された場合、課金が発生します。

  • 課金開始は追加リソース追加作業開始の時点となります。
  • 課金終了は追加リソース削除作業完了の時点となります。
注意事項
  • お客様操作により追加されたリソースで発生した課金について、キャンセルは受け付けておりません。

契約変更処理

料金プランの変更(月次課金-従量課金)

HyperCloud Public では料金プランの変更をおこなう際、

  • 翌月1日から変更する
  • 今すぐ変更する

のいずれかを選択いただけます。選択により当月のお支払い料金に違いが出る場合がございます。

翌月1日から変更する場合

当月は現在の料金プランでのお支払いとなります。翌月1日から新たな料金プランが適用されます。

今すぐ変更する場合

即時に変更が反映されます。当月のお支払い料金は下記のとおりとなります。

従量から月次への変更変更前までの従量+1か月分の月次料金
月次から従量への変更1か月分の月次料金+変更後からの従量料金

異なる月次課金のプランをご利用になられた場合、当月でご利用になられたもっとも高額なプラン料金が適用となります。

サービスプラン、サーバーグレードの変更

サービスプラン、サーバーグレードの変更は、サーバー停止時のみおこなう事ができます。

メモリ追加分の契約について、サービスプラン、サーバーグレード変更時、基本的に引き継がれますが、 選択したサービスプランにおけるメモリ容量上限を超えた場合、超えた分については自動的に解約となります。

(a) 月次課金

当月内にご利用になった、最も高額なサービスプラン/サーバーグレードの料金を適用します。

(b) 従量課金
  • サービスプラン/サーバーグレードの従量課金の利用料金がその都度積算されます。

  • サービスプラン/サーバーグレード変更に伴う課金処理のタイミングは、サービスプラン、サーバーグレード変更処理完了時とします。

月次請求処理 締め日時

月次請求処理における締め日時は下記となります。

  • 月末締め(当月最終日の 23:59:59)

従量課金請求処理 締め日時

従量課金請求処理における締め日時は下記となります。

  • 月末締め(当月最終日の 23:59:59)

従量課金における料金算出方法

従量課金における料金算出方法を以下に定めます。

有効時間 - 起動時間 = 停止時間

  • 起動、停止にかかわらず、サーバーが存在する時間を「有効時間」とします。
  • サーバーが起動状態にある時間を「起動時間」とします。
  • サーバーが停止状態にある時間を「停止時間」とします。
  1. 月内の有効時間は1時間単位に切り上げます。
  2. 月内の起動時間の合計を1時間単位に切り上げます。
  3. 1から2を引いた値を停止時間とします。
注意事項
  • 1時間に数回など短時間にサーバーの作成・削除を繰り返した場合、その都度有効時間の切り上げが発生し、積算されますのでご注意ください。
  • 1時間に数回サービスプラン、サーバーグレードの変更をおこなった場合、時間内にご利用になった最も高額なプラン、グレードの料金が当月分の課金として適用されます。

処理の例

例1) 「起動」1時間50分 「停止」5分の場合
有効時間 1時間55分となり、切り上げて2時間となります。
起動時間 1時間50分となり、切り上げて2時間となります。
停止時間 (有効時間)2時間 - (起動時間)2時間 = 0 時間となります。

例1) 「起動」1時間59分 「停止」5分の場合
有効時間 2時間04分となり、切り上げて3時間となります。
起動時間 1時間59分となり、切り上げて2時間となります。
停止時間 (有効時間)3時間 - (起動時間)2時間 = 1 時間となります。

従量課金 締め日時をまたいだ場合の課金処理

従量課金において締め日時をまたいだ場合の処理は下記と定めます。

  • 締め日時直前の有効時間は1時間に切り上げ課金となり、以降締め日時より1時間毎の課金となります。

例) 6/30 22:15にサーバーを作成し、7/1 01:00に削除した場合

内訳
22:15 - 23:15 1時間分課金
23:15 - 23:59 1時間分課金(端数時間切り上げ)
00:00 - 01:00 1時間分課金
合計
6月請求分 2時間
7月請求分 1時間

クローン

課金単位

  • クローン作成1回毎の課金となります。作成されたクローンは新規サーバーとして課金対象となります。

課金処理タイミング

  • クローン作成完了時点で課金が発生します。
  • 作成されたクローンについての課金は課金開始タイミングに準じます。

テンプレート・デプロイ

テンプレート

課金単位
  • テンプレート保管料はテンプレートに接続されているHDDの合計容量に対し10GB単位で月次単位となります。
課金処理タイミング
  • テンプレート保管料の課金開始は処理完了時点となります。

デプロイ

課金単位
  • テンプレートからのデプロイ1回毎の課金となります。デプロイされたサーバーは新規サーバーとして課金対象となります。
課金処理タイミング
  • テンプレートからのデプロイ完了時点で課金が発生します。
  • デプロイされたサーバーについての課金は課金開始タイミングに準じます。