サポートセンター(24h365日無休) 03-5304-8161

新規サーバー作成

ご利用開始までの流れ

新規サーバー作成

サーバー新規作成

コントロールパネル > サーバー にある「サーバー作成」をクリックします。

Internet Explorer 8以降をご利用のお客様

ラベル名の入力

サーバーのラベル名、メモを入力します。入力完了後、「次のステップへ」をクリックしてください。

サーバーのラベル名 サーバー一覧などで表示される任意の名前です。
メモ ご利用の用途など任意にメモを記録できます。

タイプ・グレードの選択

作成するサーバーの使用OS、サービスプラン、サーバーグレード、料金プランなどを決定します。

OSイメージ ご利用になるOSを選択します。
タイプ選択 ご利用になるサービスプランを選択します。
グレード選択 サーバーグレードを選択します。
メモリサイズ 選択しているサービスプラン、サーバーグレードに応じたメモリサイズを選択できます。
課金方法 選択しているサービスプランに応じた課金方法を選択できます。
ご利用料金 現在選択中のサーバーのご利用料金が表示されます。

管理者パスワードの入力

CentOS / Red Hat Enterprise Linux

作成するサーバーにログインするためのrootパスワードを設定します。入力したパスワードは忘れないよう管理をお願いします。

rootパスワード 半角英数字 5~30 文字で入力して下さい。パスワード中の小文字と大文字は区別されます。
再入力 上記で入力したパスワードを再度ご入力ください。

Turbolinux Appliance Server 3.0

作成するサーバーにログインするためのadmin/rootパスワードを設定します。入力したパスワードは忘れないよう管理をお願いします。

admin/rootパスワード 半角英数字 3~16 文字で入力して下さい。パスワード中の小文字と大文字は区別されます。
再入力 上記で入力したパスワードを再度ご入力ください。

Windows Server

作成するサーバーにログインするためのAdministratorパスワードを設定します。入力したパスワードは忘れないよう管理をお願いします。

Administrator パスワード 半角の英大文字 および 英小文字、数字の 3 種類を全て使用し、7 文字以上の文字列を入力して下さい。
なお、[Administrator]、[guest] 文字列のうち 3 文字以上連続する文字列は入力できません。(例 : Adm123、mini456)
再入力 上記で入力したパスワードを再度ご入力ください。

ネットワークを選択

CentOS、Red Hat Enterprise Linux、Turbolinux Appliance Server 3.0

グローバル IP アドレス、プライベート IP アドレス いずれかから選択いただけます。

プライベート IP アドレス

プライベート IP アドレスを選択した場合、外部との通信はできません。 作成後、グローバル IP アドレスを追加いただくか、他のサーバーとローカル接続してください。

グローバル IP アドレス

選択可能なIP アドレスが表示されます。利用したいIP アドレスを選択してください。(グローバル IP アドレスは現在複数のCIDRより選択可能です。)

Windows Server

Windows Server 2008、Windows Server 2012 Standard x64の場合、アクティベーションをしていただく必要があるため、サーバー作成時はグローバル IP アドレスでの作成となります。(Windows Server 2012 Standard x64は自動アクティベーションとなります。)

プライベート IP アドレスでのご利用をご希望の場合、グローバル IP でサーバー作成を行い、アクティベーション後にプライベート IP アドレスへ変更を行ってください。(サーバー 作成から24時間以内は無料で変更が可能です

グローバル IP アドレス

選択可能なIP アドレスが表示されます。利用したいIP アドレスを選択してください。(グローバル IP アドレスは現在複数のCIDRより選択可能です。)

内容確認

作成するサーバーの最終確認となります。お間違いがないかご確認ください。

作成完了

サーバー作成中はステータスが点滅します。およそ5分~10分(※1)程度でステータスが「ON」表示になりサーバーにアクセス可能となります。

注意事項
※1 作成されるサーバーグレード、OSなどにより異なります。