サポートセンター(24h365日無休) 03-5304-8161

ご利用中によくあるご質問

サービスプランの変更は可能ですか?

はい、可能です。

ただし、変更時にサーバーを停止いただく必要がございますのでご注意ください。

サーバーグレードの変更は可能ですか?

はい、可能です。

ただし、変更時にサーバーを停止いただく必要がございますのでご注意ください。

OSを初期状態に戻せますか?

初期状態に戻すことは出来ません。新規作成いただく必要がございます。

作成したテンプレートを変更することは出来ますか?

テンプレートの編集は出来ません。

テンプレートをデプロイして作成したサーバーを編集後、編集したサーバーを新しいテンプレートにしてください。

HDDを追加したのですが認識されません。

HDD追加後、マウントする必要がございます。
追加したHDDの詳細設定方法はこちら

サーバー同士をローカル接続したいのですが?

はい、可能です。

ただし、接続するサーバーそれぞれにオプションのネットワークアダプタを追加いただく必要がございます。

ネットワークストレージで自動バックアップされているデータでリストアしてほしいのですが?

現在、ネットワークストレージの自動バックアップは、弊社による保守、メンテナンス用に取得しているものとなります。誠に恐れ入りますが、バックアップデータを使用してのお客様指示によるリストアはおこなっておりません。

※オプションサービスとして近日提供予定となります。

誤ってプライベートIPアドレスでサーバーを作成してしまいましたが変更可能ですか?

はい、24時間以内であれば1回のみ無償でグローバル IP アドレスに付け替え可能です。

また、24時間を超えてしまった場合の変更につきましてはネットワークアダプタ追加料金が発生しますが、以下の手順で変更可能です。

  1. ネットワークアダプタを追加して、グローバル IP アドレスを割り当てます。
  2. プライベート IP アドレス が割り当てられたネットワーク アダプタを削除します。

CentOS/Red Hat Enterprise Linux/TLAS3 でカーネルをアップデートした後、何か必要な作業はありますか?

弊社仮想化技術の仕様上、カーネルをアップデートした後、仮想サーバー管理ツールの再設定作業を実施する必要があります。 再設定作業の手順については下記ページをご参照ください。

OSにWindows Server 2008 R2 Standard SP1を使用したサーバーをプライベート IP アドレスだけで運用したいのですが、グローバル IP アドレスしか選択できません。

WindowsServer 2008の場合、サーバー作成後3日以内にアクティベーションをおこなう必要があります。

そのため、一旦グローバル IP アドレスにて作成していただき、アクティベーション終了後、プライベート IP アドレスに変更するようお願いいたします。

Windows Server 2008 R2 Standard SP1 アクティベート >>

IP アドレスの変更について
  • OSをWindows Server 2008 R2 Standard SP1を選択したときに限り、24時間以内に1回のみ無料にてIP アドレスをグローバル IP アドレスからプライベート IP アドレスに変更可能です。

Windows Server 2008 R2 Standard SP1 を使用したサーバーではアクティベーションは必要ですか?

Windows Server 2008 R2 Standard SP1の場合、サーバー作成後3日以内にアクティベーションをおこなう必要があります。

アクティベーションの期限を過ぎますとサーバーが使用できなくなり、復旧もできません。 そのため新たにサーバーを作成することになりますので、サーバー作成後はお早めにアクティベーションをお願いいたします。

Windows Server 2008 R2 Standard SP1 アクティベート >>

KUSANAGI で初期設定、プロビジョニングが終わりブラウザでアクセスしようとしたが、つながらない。

KUSANAGI ではセキュリティ対策のため初期状態ではWeb アクセスに制限がかかっております。制限解除作業の手順については下記ページをご参照ください。

KUSANAGI x86_64 OS基本設定 ファイアウォール >>

KUSANAGI の FTP サービスについて。FTP サービスは起動しているようだが外部から接続できない。

KUSANAGI ではセキュリティ対策のため初期設定では外部からのFTP接続を許可しない設定になっています。SSH(SFTP)接続に対応したクライアントソフトをご使用頂くことを推奨します。

なお、サーバ内部ではFTP サービスは必要なサービスとなりますので停止させないでください。